REMO AR Viewer は、任意のARターゲット(画像マーカー、フレームマーカー)と3Dモデルデータ(REMOシーンファイル)を使用することができる無料のARビューアです。

REMOシーンファイル

Autodesk 3ds Max®で作成した3Dモデルデータから変換したREMOシーンファイルをiOSの端末でARコンテンツとして閲覧することが可能です。
REMOシーンファイルへの変換には、別売のREMO Exporterが必要です。(詳細は、3Dコンテンツ制作ツール「SoREMO」製品情報ページを参照)

  • REMO AR Viewer for iOS にプリセットされているシーンファイル:(1)アロワナ 1点(2)カンガルー 1点(3)MM地区(景観1点、建物10点)
  • サンプルのシーンファイル:REMO GALLERYサイト
  • ユーザーにより制作されたコンテンツデータ

ARターゲット

  • フレームマーカー認識
    512枚のフレームマーカーがあらかじめ設定されている。(ユーザーは、マーカーを用意する必要はありません。) CGモデル(REMOシーンファイル)のサイズ変更が可能。利用例:
    建物の配置等のレイアウト検討(景観1点, 建物10点のREMOシーンファイルを同時に認識可能)AR
    • イメージマーカー認識
      14点の画像ターゲットがあらかじめ用意されている。(ユーザーは、任意の画像を追加することも可能です。)

REMO ARビューアー用ターゲットイメージ(印刷用PDFファイル)
REMO ARビューアー用ターゲットイメージ(画面表示用PNGファイル)

REMO AR Viewer for Android

REMOシーンデータの読み込み

「シーンデータ一覧」より、該当のシーンファイルをタップする(複数選択可能)。選択したシーンファイルはグレー表示される。
リスト

「AR START」ボタンをタップすると、REMOシーンファイルが読み込まれる。

リスト

REMOシーンファイルの表示

「ARターゲットにかざしてください」というメッセージが表示されたら、ARターゲット(画像マーカー、フレームマーカー)にカメラをかざすことでREMOシーンファイルが表示される。
AR

AR表示のスクリーンショット機能

画面下部の「カメラボタン」をタップすることで、AR表示中のスクリーンショットが撮影できる。
(スクリーンショット画像は「カメラロール」に保存される。)
スクリーンショット

REMOシーンファイルの追加

PC(Windows, Mac)にインストールされたiTunesの「ファイル共有機能」にて、REMOシーンファイルを追加(転送)する。

  • PCのウェブブラウザで「REMO GALLERY」より「アンドロイド用REMOシーンファイル(.rmzi)」をダウンロードする。
  • PCのiTunesのを起動し、端末(iPhone、アプリ)の「アプリタブ」をクリックする。
  • 「ファイル共有」に移動(スクロール)し、「REMOビューア」を選択(クリック)する。
  • 「REMOビューアの文書」に、「REMOシーンファイル(.rmzi)」をドラックアンドドロップする。
  • 端末(iPhone、アプリ)の「REMOビューアの文書」に、「REMOシーンファイル」が追加(転送)される。

iTunesでの

REMOシーンファイルの削除

  • 「シーンデータ一覧」にて、「左にフリック」すると「削除ボタン」が表示される。
  • 「削除ボタン」を「タップ」することでデータが削除される。

iphone

ARターゲットデータの一覧表示

「シーンデータ一覧」より、変更したいARターゲットをタップする。
リスト
「ARターゲットデータ一覧」より、該当のARターゲットをタップする。フレームマーカーは「Frem Marker」ボタンをタップする。
リスト

フレームマーカーの設定

「マーカーID(000~511)」とサイズを設定し、「OKボタン」をタップする。
リスト

アプリケーション

Version 4.0.6.72447
Release date June 17, 2016
Size 40.5MB

OS

iOS 7.0以降
Graphics:OpenGL ES 2.0以降

※注意事項

  • グラフィックスドライバに不具合がある場合、REMOシーンファイルを正常に表示できないことがあります。
  • ハードウェアやドライバについては、提供元(チップ・メーカーおよび端末メーカー)によって異なるため、当社では調整できない場合があります。