REMO Viewer for Windows は、Autodesk 3ds Max で作成した3Dモデルデータから変換した REMOシーンファイルを、表示するための Windows PC 用の表示ソフトです。

REMOシーンファイル

Autodesk 3ds Max®で作成した3Dモデルデータから変換したREMOシーンファイルをWindows PCで閲覧することが可能です。
REMOシーンファイルへの変換には、別売のREMO Exporterが必要です。(詳細は、3Dコンテンツ制作ツール「SoREMO」製品情報ページを参照)

  • Autodesk 3ds Max標準ブリンマテリアルをリアルタイム表示
  • マウスによる視点操作(パン、ズーム、回転)
  • フライスルー操作(キーボード、ゲームパッド)
  • アニメーション(切替再生、停止、リスト順再生)
  • アニメーション速度調整
  • 移動速度/回転速度調整
  • カメラの切替再生·自動切替再生(リスト順再生)
  • マルチシーン同時描画
  • 情報表示(頂点数、ポリゴン数、フレームレート数)
  • 高解像度マルチディスプレイ表示
  • 立体視表示(視差調整可能)サイド・バイ・サイド、トップ・アンド・ボトム、フレーム・シーケンシャル、デュアル・ビュー、ライン・バイ・ライン
  • スクリーンショット撮影
  • シーケンスファイルによるアニメーションシナリオ再生
  • 描画更新モード設定
  • RGB 6-6-6ビット減色

「フレームシーケンシャル」の動作環境について、Quad Buffered OpenGLアプリケーションのためNVIDIA社製Quadroシリ-ズのビデオカードが必要です。

Version 4.0.6(Revision.72151)
Release date June 20, 2016

※インストール前の注意事項
ご使用の Windows PC に搭載されている(ビデオカードの)グラフィックス環境で REMO Viewer for Windows が動作するかどうか REMO Checker により確認することができます。

※バージョンの確認方法
REMO Viewer for Windows を起動後、「ヘルプ」メニューより「バージョン情報」をクリックする。

OS

Windows 10(32 / 64bit版)
Windows 8.1(32 / 64bit版)
Windows 7(32 / 64bit版)
Windows Vista(32 / 64bit版)
Windows XP(32 / 64bit版)

CPU

Intel Pentium4 2.0GHz以上 または AMD Athlon XP 2400+以上

HDD

100MB以上の空き容量

入力デバイス

  • マウス(ホイールマウス推奨)
  • キーボード(ウォークスルー操作)
  • ゲームパッド(フライスルー操作)

※ゲームパッドはアナログスティック2本とボタン2個以上を備えたUSBゲームパッド
※Windows 8のマルチタッチ入力には、対応しておりません。

動作確認済みゲームパッド

グラフィックス

OpenGLの2.0以降に対応し、以下のOpenGLの拡張機能をサポートしていること。
GL_EXT_framebuffer_object
GL_EXT_texture_compression_s3tc
GL_EXT_texture_filter_anisotropic

推奨ビデオカード

  • NVIDIA® GeForce® 8 シリーズ以降
  • NVIDIA® Quadro® FX 1800シリーズ以降
  • AMD Radeon™ HD 3000シリーズ以降

Download: REMO Viewer for Windows